夢心地メロディー 清春 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

清春
公式サイト
夢心地メロディー  ♪  清春
作詞 : 清春
作曲 : 清春

あとは 聞こえた振りで 悔いて
捨てる ほどは嫌じゃなかった よね

赤で引いた詩集は歌えるまでになってる
まだ見ぬ夢物語

貴方は愛で、僕を手放しで笑う
素晴らしくって、、優しくって
雨になれ

あれは会えた頃を巡りゆくベーゼ
言葉さえ消えなくて夢心地よ薫る
幕が下りてゆく夜、新たな緒
飾り立てた声と夢心地メロディー

癒えた 身体をそっと 試して
何処へ 行けばいいのか解るよ

貴方の愛で、僕はまた明日も笑う
嬉しくって、優しくって

あれは会えた頃を巡りゆくのに
言葉さえ聞けなくて夢心地よ薫れ
幕が下りてゆく夜、新たな緒
飾り立てた声よ、夢心地メロディー


ミニ情報
アルバム「SOLOIST」収録曲
清春の新着歌詞を見る⇒
清春の人気歌詞を見る⇒
清春「夢心地メロディー」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ