tanatos 清春 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

清春
公式サイト
tanatos  ♪  清春
作詞 : 清春
作曲 : 清春

委ねて見る太陽の下で 捧げたのは
時が汚した結果

再び闇から連れ出して 後から覚めたら笑っていて

「何処かへ行く」身体は運ばれ 翼の人に
君が居ない 慣れない感覚

名を呼び闇から連れ出して
夢なら優しく狂っていて
想いはあるだけ覚えたくて 愛してた事は?

Don't you leave me alone alone 過ぎて行く太陽に焼かれたまま
Don't you leave me alone alone 朽ちて行く太陽の下 静かに知って

希望の影、割り当てられたheart すり減らせた
後で会えるtanatos

両手で抱え、連れ出して
此処から僕を逃がしたって
成り得ない者へはなれないね 好きだった事は?

Don't you leave me alone alone 過ぎて行く太陽に抱かれたまま
Don't you leave me alone alone 朽ちて行け太陽の下 君は今?
Don't you leave me alone alone 過ぎて行く太陽に焼かれたまま
Don't you leave me alone alone 朽ちて行く細胞の泡 斑に散って


清春の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
清春「tanatos」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ