月の砂漠 城南海 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

城南海
公式サイト
月の砂漠  ♪  城南海
作詞 : もりちよこ
作曲 : ユ・ヘジュン

銀色の月の光が
君の髪 祈るように照らすから
おかえり… 何も訊かずに
傷ついた、そのすべて抱きしめよう

忘れないでね はぐれた愛でさえ
帰る場所は同じって信じてる

遥か、空は 晴れた月空
闇のむこうにつながってくよ
永遠がいつかは途切れる日まで
ふたり並んで笑えたなら、いいよね

満ちたり欠けたりしても
変わらない光だね、月の下
どうして人はこんなに
やわらかな眼差しになれるんだろう

どんな時にも ひとりじゃないんだと
君の寝息聞こえて気づいたよ

遥か、空は 晴れた月空
道なき道を照らしてくれる
希望さえ乾いた砂漠のまちで
君と泉を探してくよ、ずっとね

こみ上げる涙の熱さに いのちが叫ぶから
指のすきま 夢の砂がこぼれても
月の砂漠を 生きてゆこう

遥か、空は…
遥か、空は 晴れた月空
闇のむこうにつながってくよ
永遠がいつかは途切れる日まで
ふたり並んで笑えたなら、明日も

…明日も
…ずっとね


ミニ情報
映画「つむぐもの」主題歌
アルバム「尊々加那志〜トウトガナシ〜」収録曲
城南海の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
城南海「月の砂漠」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ