花 パスピエ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

 ♪  パスピエ
作詞 : 大胡田なつき
作曲 : 成田ハネダ

ため息だけで破裂しちゃいそうだ 見えない殻の内側に
閉じ込めていた 気持ちがやがて種になるのかな

春が終わる夏が過ぎる 花は声を聞いて開く
深き秋と冬を越えて ひらりひらり想い願い乗せて

脈打つ音の間隔がすこし広がったのもわかってる
変わりゆくもの目を逸らさずに そばで見ているから

春が終わる夏が過ぎる 花は咲いて祈りになる
深き秋と冬を越えて ひらりひらり想い願い届け

はるか遠く遠く彼方まで
風に乗り光になり重なりあい どこまでも舞い上がれ

やがて散りゆくさだめだと知って なお咲き誇る花の色

春が終わる夏が過ぎる 思いはやがて実を結ぶ
深き秋と冬を越えて どこかでまたひとつ花がひらり


ミニ情報
アルバム「娑婆ラバ」収録曲
パスピエの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
パスピエ「花」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ