びりけつのジュン 川野夏美 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

川野夏美
公式サイト
びりけつのジュン  ♪  川野夏美
作詞 : いまむら瞭
作曲 : いまむら瞭

路面電車飛び乗ったり
柿の実盗(と)って怒られたり
子供の頃悪戯(いたずら)したけど
叱られるのはびりけつのジュン

焼け野原の町に帰って来たのも
終戦を随分過ぎてから
亡霊みたいに玄関に突っ立って
相変わらずびりだねぇってみんなで泣いた

そして五十年過ぎて 姉弟(きょうだい)ふたり暮らし
何度も見合いを断ったのは
お荷物だったあたしが居たから ごめんね

ジュン、此の頃 子供に還ったね
ジュン、あたしも 忘れそうだね
人を押しのけずに生きてきたあなたを
神様はきっと知ってるよ ジュン

歳を取ったら お散歩も難しいの 支えきれない
大好きな珈琲も 重たくて零れてしまう
先にジュンをみおくってから
あたしの番だと思ってたけど
都合良くはいかないものね
独りでもちゃんと暮らすのよ

生きて帰れなかった 戦友に済まないからと
遊びの一つもすればいいじゃない
おまけの人生だなんて言わずに バカだよ

ジュン、あんたは幸せだったの?
ジュン、あたしは幸せだったよ
こんなにも長く姉弟が一緒に
暮らしてこられたもの

ジュン、此の頃 子供に還ったね
ジュン、あたしも 忘れそうだね
人を押しのけずに生きてきたあなたを
神様がきっと待ってる
でも、びりでいいよ ジュン


ミニ情報
アルバム「フォーク・ソングス〜唄い継ぐ,未来へ〜」収録曲
川野夏美の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
川野夏美「びりけつのジュン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ