北海子守唄 川野夏美 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

川野夏美
公式サイト
北海子守唄  ♪  川野夏美
作詞 : 仁井谷俊也
作曲 : 弦哲也

雪が吹雪(ふぶ)いて 流氷寄せりゃ
二ヶ月(ふたつき)漁には 出られない
あのひと都会(まち)に 出稼ぎに
陸(おか)で冬越す ホッケ船
ねんねん ねんねこ ねんねしな
海よ春まで ねんねしな

兄と慕った おさない想い
いつしか変わった 恋ごころ
凍(しば)れがゆるむ その頃に
きっとふたりは 結ばれる
ねんねん ねんねこ ねんねしな
海猫(ゴメ)もニシンも ねんねしな

沖の彼方(かなた)に 流氷消えりゃ
競って船だす 北漁師
海明け待って おなご衆は
網を繕(つくろ)う 浜番屋
ねんねん ねんねこ ねんねしな
海よ春まで ねんねしな


川野夏美「北海子守唄」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
川野夏美の人気曲 この歌手の人気曲一覧

室戸岬♪別れに泣いた 女の目には
夜桜しぐれ♪三日限りの みちのくの
北海子守唄♪雪が吹雪(ふぶ)いて 流氷寄せりゃ
倖せなみだ♪またいつの日か 逢える気がしてた
江差恋唄♪消えた鰊(にしん)をヨー
残波の月♪ユウナの花びらが 風に運ばれて
ぼちぼち行こうね♪花が咲いたら 嬉しいね
港町恋唄♪海は朝焼け 飛沫をあげて
霧雨海峡♪雨の出船は おんなを泣かす
寒ぼたん♪雪の白さに 逆らうように

川野夏美の新曲 この歌手の新曲一覧

ぼちぼち行こうね♪花が咲いたら 嬉しいね
少年時代♪夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう
あの唄はもう唄わないのですか♪今朝 新聞の片隅に ポツンと小さく出ていました
なごり雪♪汽車を待つ君の横で僕は
池上線♪古い電車のドアのそば
あなた♪もしも私が家を建てたなら
22才の別れ♪あなたに さようならって
夢の中へ♪探しものは何ですか?
神田川♪貴方は もう忘れたかしら
海岸通♪あなたが船を選んだのは

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ