しゃよう - Geroの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Gero
公式サイト
しゃよう  ♪  Gero
作詞 : 鬱P
作曲 : 鬱P

引き裂きたくなる地上の戯れと
この世の汚れを電車に詰めよう

終電に乗っかって 座席に寄っかって
人類の溢れた星の行く末
惰性で走る のらりくらりと
雷鳴り響く午前1時

妖しく灯りが明々と 佇む微笑の老紳士
「どちらへ行けども岐路はなく、ただただ線路を走ります。」

産声上げし日より魍魎襲い掛かるは宿命
逃れ逃れて辿り着くワケもなく どこにある終着駅

燃え上がらないまま 燃え尽きてゆくのかな
走る走る電車の中で 窓に映る醜い姿
曇る曇る私の顔は 少しばかり面白いです

正体不明の希望に縋り
エゴ丸出しの欲望を立てる

疚しき事は何も無いけど
行方を眩ましたくなるのです
通りすぎてく電柱の影で
眠れる野良猫が羨ましい

妖しく灯りが明々と 佇む微笑の老紳士
「乗り換え不可能なこの電車、降り時を見逃さないように。」

錆び付き軋む車輌の中 朝が遠くて眠りたい
頭を掻き毟りながら 滲み出た感情を押し殺す

燃え上がらないまま 燃え尽きてゆくのだろう
堪え堪え世界の揺れに 私の未来ここに無いけど
恨み辛み書散らしても 慰みにもならないだろう

毎度の毎度の 身の丈比べ 性根の仕様にして候
毎日毎日元気に病んで 貞操観念貪る子
迷子よ迷子 思想と言葉 教養の仕様にして候
最後の最後で本性病んで 自ら省み命を絶つ
毎度の毎度の 身の丈比べ 性根の仕様にして候
毎日毎日元気に病んで 貞操観念貪る子
迷子よ迷子 思想と言葉 教養の仕様にして候
最後の最後の最後の最後には

情けなくなっても 燃え上がらないのなら
走る走る電車の中で 見栄も夢もかなぐり捨てて
耐える耐える私の顔は 少しばかり面白いです


ミニ情報
アルバム「ZERO」収録曲
Geroの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
しゃよう/Geroの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ