慟哭のエピカ Gero 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Gero
公式サイト
慟哭のエピカ  ♪  Gero
作詞 : Neru
作曲 : Neru

選ばれた結末は 異論と化した最期の花
確かな理由もなく 真実を手にする

神様の我が儘に 理想を賭して問い掛けてる
命の瞬きを どうかこの胸にも

逆さまの天井 落ちる 灰色の感触に溶けてく
懐かしい情景が 遠く遠くに消える
そう、それは飼い殺した思い出の
どこか足りないピースの一つ
手を伸ばせど 答えはもう失っている

罪負いの果てに 何を描く
あらすじ通り感情制御した
愛も感涙も この心に余る
誰も救えやしない 孤独の翼(はね)
漆黒の想いをどうやって捨てよう
哀しみ以上のこの情動に 名前など無い

慟哭のエピカ

羽ばたいた空に 陽を灯そう
ここがスタートラインだって舌を振るう
そんな君の 姿が 影で蘇る
一つ鼓動を数えたら 二つ心拍があると知る
忘れないで 分かち合うべき存在を

罪負いの果てに 何を描く
あらすじ通り感情制御した
愛も感涙も この心に余る
誰も救えやしない 孤独の翼(はね)
漆黒の想いをどうやって捨てよう
哀しみ以上のこの情動に

黒い疵の先に 滲む瞳
どれだけ声を塞いできたんですか
掻き消すように 鳴り響く鐘の音
誰に縋ればいい 孤独の翼(はね)
冷たいこんな皮膚感覚なんて
どうしても叶わないこの憧憬に 名前が欲しい

黄昏の夜空 一人佇む 祈りのエレミヤ
もう届かない 忘却のメシア
今舞い上がれ 慟哭のエピカ


ミニ情報
アルバム「SECOND」収録曲
Geroの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Gero「慟哭のエピカ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ