時は短し歌えや乙女たち 徒然なる操り霧幻庵 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

時は短し歌えや乙女たち  ♪  徒然なる操り霧幻庵
作詞 : 吉田詩織
作曲 : Yocke

絢爛たる調べ
闇を照らしてゆく
花びらの灯火
雅に舞い踊れや

小さくかすかな
物語でもいい
幾度も重ねた
唄よ

叫べ 遠くまで響いた音羽根
春嵐に乗って君へ届くなら
声が 枯れてしまってもかまわない
時は短し歌えや乙女たち
艶やかに 甘美に 優雅な夢

徒然なる語り
道を照らしてゆく
花咲くその色は
眩しいほど輝く

古くて霞んだ
絵空事でもいい
幾度も重ねた
唄よ

叫べ 彼方まで繋がる架け橋
恋吹雪になって君へ届くなら
声が 枯れてしまってもかまわない
時は短し歌えや乙女たち
艶やかに 甘美に 優雅な夢をあげる

綺麗なだけの唄はいらない
すべてを曝して綴る
唄を

叫べ 遠くまで響いた音羽根
春嵐になって君へ届くなら
声が 枯れてしまってもかまわない
時は短し歌えや乙女たちは往く

花は花あれ 乙女も乙女であれ
花は吹きあれ 乙女も嵐であれ
花に栄えあれ 乙女に祝福あれ


徒然なる操り霧幻庵の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
徒然なる操り霧幻庵「時は短し歌えや乙女たち」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ