昭和縄のれん - 走裕介の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

昭和縄のれん  ♪  走裕介
作詞 : 高田ひろお
作曲 : 杉本眞人

ひなびた路地の 縄のれん
焼鳥は世間のすみで 味わうものと
酸(す)いも甘(あま)いも かみわけた
父のこだわり いまわかる

酒とおんなは 二合<号>まで
愚(ぐ)にもつかない 冗談云って
酔えばときどき 笑いとり
手酌(てじゃく)のすきな 父でした

ひとのじゃまにならぬよう
ひとをおしのけ生きぬよう
努(つと)めてがんこを よそおった
そんな父が いまもしずかに
飲んでいそうな 縄のれん

はたらきながら いやなこと
父はいっぱいあった はずだろうに
折り目ただしく 生きぬいた
そして昭和も 幕をとじ

父と母との あいだには
ほんのすこしの 波風あった
そんなときには 縄のれん
ひととき逃げる 場所でした

ひとのじゃまにならぬよう
ひとをおしのけ生きぬよう
努(つと)めてがんこを よそおった
そんな父が いまもしずかに
飲んでいそうな 縄のれん

そんな父が いまもしずかに
飲んでいそうな 縄のれん


走裕介の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
風来ながれ唄
北国街道・日本海
赤いレンガの港町
篠突く雨
流氷の駅
昭和縄のれん/走裕介の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ