風来ながれ唄 - 走裕介の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

風来ながれ唄  ♪  走裕介
作詞 : 京えりこ
作曲 : 大谷明裕

夢を探す旅に出て
ずいぶん遠く 来たもんだ
酒を浴びた日もあった
もう俺はだめだと

不器用で 無愛想で
不作法で 無精者

どうにかここまで 生きてきた
自分をほめてやれ
どうにかここまで 生きてきた
風来ながれ唄

世話になったあのひとへ
いつのことやら 恩返し
のどの渇き うるおした
あの一杯の水よ

ひとの子の 親になり
その子らも 親になる

どうにかここまで 生きてきた
女房を道連れに
まだまだ何やら ありそうだ
風来ながれ唄

不器用で 無愛想で
不作法で 無精者

どうにかここまで 生きてきた
自分をほめてやれ
どうにかここまで 生きてきた
風来ながれ唄


走裕介の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
昭和縄のれん
北国街道・日本海
赤いレンガの港町
篠突く雨
流氷の駅
風来ながれ唄/走裕介の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ