かもめが翔んだ日 徳永英明 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

徳永英明
公式サイト
かもめが翔んだ日  ♪  徳永英明
作詞 : 伊藤アキラ
作曲 : 渡辺真知子

ハーバーライトが朝日に変る その時一羽のかもめが翔んだ

人はどうして哀しくなると 海をみつめに来るのでしょうか
港の坂道 駆けおりる時 涙も消えると思うのでしょうか
あなたを今でも好きですなんて いったりきたりのくりかえし
季節はずれの港町 ああ 私の影だけ

かもめが翔んだ かもめが翔んだ
あなたは一人で生きられるのね

港を愛せる男に限り 悪い男はいないよなんて
私の心をつかんだままで 別れになるとは思わなかった
あなたが本気で愛したものは 絵になる港の景色だけ
潮の香りが苦しいの ああ あなたの香りよ

かもめが翔んだ かもめが翔んだ
あなたは一人で生きられるのね

かもめが翔んだ かもめが翔んだ
あなたは一人で生きられるのね


ミニ情報
アルバム「VOCALIST 6」収録曲
徳永英明の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
徳永英明「かもめが翔んだ日」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ