時代おくれ - 玉置浩二の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

時代おくれ-玉置浩二
Jword 玉置浩二
公式サイト
時代おくれ  ♪  玉置浩二
作詞 : 阿久悠
作曲 : 森田公一

一日二杯の酒を飲み さかなは特にこだわらず
マイクが来たなら 微笑んで 十八番を一つ 歌うだけ
妻には涙を見せないで 子供に愚痴をきかせずに
男の嘆きは ほろ酔いで 酒場の隅に置いて行く

目立たぬように はしゃがぬように
似合わぬことは無理をせず
人の心を見つめつづける
時代おくれの男になりたい

不器用だけれど しらけずに 純粋だけど 野暮じゃなく
上手なお酒を飲みながら 一年一度 酔っぱらう
昔の友には やさしくて 変わらぬ友と信じ込み
あれこれ仕事もあるくせに 自分のことは後にする

ねたまぬように あせらぬように
飾った世界に流されず
好きな誰かを思いつづける
時代おくれの男になりたい

目立たぬように はしゃがぬように
似合わぬことは無理をせず
人の心を見つめつづける
時代おくれの男になりたい


ミニ情報
アルバム「群像の星」収録曲
玉置浩二の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
みんな夢の中
愛の讃歌
圭子の夢は夜ひらく
やっぱ好きやねん
I LOVE YOU
月のあかり
初恋
あの素晴しい愛をもう一度
上を向いて歩こう
男はつらいよ
時代おくれ/玉置浩二の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ