飛び込めない駅のホームから - PAGEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

飛び込めない駅のホームから  ♪  PAGE
作詞 : PAGE
作曲 : fu_mou

知らず知らずいなくなって 忘れることもできないのに
つま先立ちじゃ見えなかった お星様
宝物は思い出に埋めて 目を開けたら消えちゃうけど
何もないから

曇り空のこの街と
飛び込めない駅のホームから
明日へ

憧れも小さな幸せもいらないから
むしろここで全て終わりにしてしまおう
汗ばんだ手をとって 行けるならあの場所へ
影を捨てて誰も知らないとこで

自慢できることなんて 一つもありもしないのに
主人公気取り いつも一人

恙無い日々の愛しさ 尊さ 僕にはその意味さえも
分からないから

書き殴った夢の中
僕の頬をつねる現実が
爆ぜても

曖昧な空だって飛べない君と僕は
生まれる場所を間違ってしまったんだね
汗ばんだ手をとって 行けるならあの場所へ
影を捨てて誰も知らないとこで

涙の重さで うつむいてた訳
見えないモノ 追いかけて

でも今もまだ 飛び込めない駅のホームから

幼い頃にずっと想像してたような
綺麗な未来はここにはなかったよ
昨日と同じ服に 靴紐は結ばないで
ここで明日を待つんだ

憧れも小さな幸せもいらないから
むしろここで消えて楽になってしまおう
汗ばんだ手をとって 行けるならあの場所へ
影を捨てて誰も知らないとこで


ミニ情報
アルバム「ノンフィクション・ガール」収録曲
PAGEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
飛び込めない駅のホームから/PAGEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ