TRIP×TRICK - VALSHEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

VALSHE
公式サイト
TRIP×TRICK  ♪  VALSHE
作詞 : VALSHE
作曲 : MINATO

その眠った姿に懐かしさを覚える
別れの瞬間にはどうしたって切ない
月の明かりが照らす青い森を駆け抜けて
取り返したいものがここにあるはずと

― 想像のなかの僕はどんな魔法も使えて
夢に見たような旅をしている
信じられないようなこと信じてみればそこから
机上の空論を越えて (その向こう)

さあ行こう 次のページへ ―

Lost my name, I was alone in the world.
あるいは必要とされるなら
奪われる時代さと諦めたボロボロの両手が
差し出すものもなく犠牲だけを重ね生きてはいけない

僕の存在は危うき罠にはまってこそ輝きだす旅人だろう

渡らずの吊り橋にその男は佇む
変わっていくことを恐れどこにも行けなくて

悲しいとか辛いとか大人になっていく事で
感じなくなると思っていた
持ったままの手紙だけ 色褪せて滲んだ文字
織りなした花を抱えて (伝えよう)
「もう一度あの日の君に会いたかった」

どんな名前だって呼んでくれる誰かがいてはじめて
大事なものになっていくんだ もう霧が晴れていく

Lost my name, I was alone in the world.
同情でまくし立てるように
誰も知らない僕をスライドして作り上げていた
優しいことをはき違えて
ただ気持ち良くなっているうちは
何度殴ったって痛みを分け合えはしないと君に出会い
気付けたから

Lost my name, I was alone in the world.
望めばいつか


ミニ情報
「CDTV」9月度エンディングテーマ
VALSHEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
TRIP×TRICK/VALSHEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ