なごり雪 岩佐美咲 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

岩佐美咲
公式サイト
なごり雪  ♪  岩佐美咲
作詞 : 伊勢正三
作曲 : 伊勢正三

汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる
東京で見る雪はこれが最後ねと
さみしそうに君がつぶやく
なごり雪も降る時を知り
ふざけすぎた季節のあとで
今春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

動き始めた汽車の窓に顔をつけて
君は何か言おうとしている
君のくちびるがさようならと動くことが
こわくて下をむいてた
時がゆけば幼ない君も
大人になると気づかないまま
今春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

君が去ったホームにのこり
落ちてはとける雪を見ていた
今春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった


ミニ情報
アルバム「リクエスト・カバーズ」収録曲
岩佐美咲「なごり雪」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
岩佐美咲の人気曲 この歌手の人気曲一覧

ヘビーローテーション〈演歌バージョン〉♪ポップコーンが 弾けるように
異邦人♪子供たちが空に向かい
鯖街道♪小浜(おばま)の港に鯖が揚がる頃
津軽海峡・冬景色♪上野発の夜行列車 おりた時から
ハナミズキ♪空を押し上げて 手を伸ばす君
瀬戸の花嫁♪瀬戸は日暮れて 夕波小波
初酒♪生きてりゃいろいろと
川の流れのように♪知らず知らず 歩いて来た
一歩目音頭 <岩佐美咲バージョン>♪祭り囃子に誘われて 浴衣に下駄でいそいそと
石狩挽歌♪海猫(ごめ)が鳴くから

岩佐美咲の新曲 この歌手の新曲一覧

鯖街道♪小浜(おばま)の港に鯖が揚がる頃
石狩挽歌♪海猫(ごめ)が鳴くから
ふたり酒♪生きてゆくのが つらい日は
ごめんね東京♪北へと向かう未練列車を
一歩目音頭 <岩佐美咲バージョン>♪祭り囃子に誘われて 浴衣に下駄でいそいそと
ハロウィン・ナイト <演歌バージョン>♪扉 開けたら まるで タイムマシーン!
川の流れのように♪知らず知らず 歩いて来た
初酒♪生きてりゃいろいろと
履物と傘の物語 <岩佐美咲バージョン>♪ある田舎の駅の近く 2つの店が並んでました
越冬つばめ♪娘盛(ざか)りを 無駄にするなと

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ