1/4世紀 - WEAVERの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

WEAVER
公式サイト
1/4世紀  ♪  WEAVER
作詞 : 河邉徹
作曲 : 奥野翔太

久しぶりに話した電話
なぜか「忙しい」と言って
すぐ切ってしまった

素直に何も言えないのは
街を出た自分を
大きく見せたいだけだったのかな

今もまだ
コルクボードに貼られた
たった一つの 家族写真に
そっと「ありがとう」って呟いた

優しい瞳が
厳しい言葉が
あたたかい手が
僕をつくってくれたね

昔僕は
何もできずに
泣いてばかりだったかい?
もう心配しなくてもいいよ
子どもじゃないから

毎日顔を合わせてたこと
当たり前だったのに
今は大切に思うよ

海も山も見えないけれど
たくさんの人がいて
新しい刺激に囲まれてるんだ

少しずつ
伸びた新芽が重なって
見たことのない景色になっていくよ
みんな変わっていくんだね

旅立つ僕は 大空を舞い
海原をゆく 翼を心に見つけた

いつか僕の夢が叶って
ここに帰った時は
いつものように笑って
迎えて欲しいんだ

“人生で最初の日
祝いの火に風を
友達と歌を
家族に愛を”

“人生で最初の日
未来の絵に夢を
恋人にキスを
家族に愛を”

優しい瞳が
厳しい言葉が
あたたかい手が
僕を包んでくれたね

昔僕は
何もできずに
泣いてばかりだったかい?

全部思い出にして

どんな今日もやがて過ぎ去り
過去に変わっていくよ
だけど
これからもずっとあなたの
子どもでいさせて


WEAVERの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
1/4世紀/WEAVERの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ