ひまわり 槇原敬之 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

槇原敬之
公式サイト
ひまわり  ♪  槇原敬之
作詞 : 槇原敬之
作曲 : 槇原敬之

冬の夜 僕は 卵を抱える
鳥のように 君を抱いて眠った
夏の僕達が ベッドの両端で
眠るのは クーラーが
壊れたからじゃない

3日間 2人きりの
旅行はナイショだから
一緒にとった写真は
ひまわりをバックに1枚きり

なんだか笑顔が
優しくなったね
友達になるって
そんなに素敵なことかい?
くやしいから 君を
もっと笑わせよう
そして僕は 強くなって行く

コンサートの帰り道 君の肩うしろから
抱いて見つめた
車の Show Window には
素敵なぼくらの未来が 息を
ひそめたライオンのように
すわっていた

また 1年後に変わらず
咲いたひまわりの前を
ぼくらに似た2人が
とても楽しそうに笑うだろう…

ずっと一緒だよって
かわした約束も
今は笑っちゃうくらい
恥ずかしい嘘だけど
そういったぼくらの本当の気持ちは
あの時間にちゃんとのこってる

僕が前よりも優しく笑えば
重ねた嘘は輝きつづける


ミニ情報
アルバム「Believer」収録曲
槇原敬之の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
槇原敬之「ひまわり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ