白光 - ACIDMANの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

白光-ACIDMAN
Jword ACIDMAN
公式サイト

白光

 ♪ 

ACIDMAN

作詞 : 大木伸夫
作曲 : ACIDMAN

最後の夜が もうすぐ訪れるよ
ここから全ては始まったんだよね

足りないものだけ 足りないものだらけ
白い光は フワリ 浮かんでいるだけ それだけ

太陽が終わる音に 僕らはじっと何も出来ずに
体温が消えない様に 触れていて

僕らの星の化石が笑ったよ
どこか遠い星で君が笑ったのかな

一つの涙が落ちる音
新たな世界が生まれたよ
次こそはきっと間に合うだろう
あの日の君に出会えるだろう

眼を閉じて遥かなる宇宙を知り 泣いたなら
手を伸ばし新たなる光に触れ 笑って

太陽が終わる音に 僕らはじっと抱き合ったまま
体温が消えない様に 触れていて

太陽は輝いていた 僕らは何を許されるだろう
体温が消えない様に 触れていて


ミニ情報
アルバム「新世界」収録曲
ACIDMANの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
愛を両手に
snow light
水の夜に
最後の星
Sore
永遠の底
star rain
EDEN
ハレルヤ
your soul
白光/ACIDMANの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ