ドーナツ 戸松遥 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

戸松遥
公式サイト
ドーナツ  ♪  戸松遥
作詞 : 古屋真
作曲 : 中村僚・中村友

夕陽に甘い匂いがした帰りたくないな
たぶんどこまでも遠くなりそうなあのころ
茜に染まる遊覧船 戻ってくるのかな
なぜか季節から取り残された気分で

それは無い物ねだりだって解ってるはずだけど
不意に未来が怖いときは叶いそうな夢を数え
強がるしかできなかった

見えなくて寂しくて胸に穴が空いた
ドーナツみたいな全部愛に変えたい
大好きもやさしさもそこにあるの?みんな
忘れたことなんて無いと歌えるように笑おう

観覧車のような一週間遠くを見ながら
宙に浮いたまま回り続けるなんてね

ある日世界は素晴らしいって心締め付けたけど
何も無駄なものは無いって私だって必要だって
言いたくても言えなかった

小さくて悲しくて胸に風が吹いた
大きなスキマの意味がわかるのなら
雨の日や寒い日が春を呼ぶように
地図なら合ってる今は回り道でもゆこう

心がまたいつか見てた違う未来と恋に落ちても
何も無いと比べないよ新しい笑顔になあれ

見えなくて寂しくて胸に穴が空いた
ドーナツみたいな全部愛に変えたい
切なさや想い出や形無いものみんな
忘れたことなんて無いと歌えるように笑おう


ミニ情報
アルバム「戸松遥 BEST SELECTION -starlight-」収録曲
戸松遥の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
戸松遥「ドーナツ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ