七色みちしるべ - 戸松遥の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

戸松遥
公式サイト
七色みちしるべ  ♪  戸松遥
作詞 : 古屋真
作曲 : 戸松遥

もてあまして もどかしくて 便利すぎて 自由だけど
何も悩んじゃ ダメなんて カンタンじゃない

気づいてほしい 背伸びとか ペンケースの手紙だとか
言いたい事 隠しても 私じゃない

青空で赤いかさ めいっぱい開いてみよう
正解じゃなくても 似合うイイこと あるよね

七色のココロで 何を見に行こう
今は目的地なんて 浮かんでこないけど
こうして胸張って 笑ったときだけ
見えるもの聴こえる音 大好きでいたい そんなときだね

この感動が 届けばいいな 何かにきっと 繋げたいな
目覚めたような この気分が 続けばいいな

ねぇ虹って 太陽と逆にしか 出ないんだって
背を向けちゃう時こそ 見上げられたら いいよね

七色のココロで 風を聞いていよう
思い出したら泣けちゃう 匂いと似ていても
なんだかあたたかく ちょっと照れくさい
変わりない日々の中で 大切なこと 知ってくんだね

サクラ過ぎて ヒマワリ また逢おうね 笑顔で

何色の私で 何を感じよう
カナタって言葉だけだと どこにも見えなくない?
見つめて触れてみて 胸にあふれた
景色 とまどい 感動 追いかけながら
また日はのぼる

明日へつづく…


ミニ情報
アルバム「戸松遥 BEST SELECTION -starlight-」収録曲
戸松遥の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
七色みちしるべ/戸松遥の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ