くちづけ - Plastic Treeの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Plastic Tree
公式サイト
くちづけ  ♪  Plastic Tree
作詞 : 有村竜太朗
作曲 : 長谷川正

雨音を聞いていた 鍵盤を叩くような
気づいたら記憶まで滲みだした そんな夜
呼吸する心臓が ざざ鳴りに重なれば
ふたりしかいない国 傘の中でたどり着いてた

見上げても掴めない 切れてしまう蜘蛛の糸
問いもない答えなら いっそ求めないままで

裂けて笑う傷跡に 触れてみたら面影
明日さえも手放せば 日々は泡

瞼を伏せて花が咲く くちづけは夢
美しい嘘をつく 君と僕
さよならは胸の内 やまなくて雨
ざわめきもあざむきも隠す

不確かな永遠でまほろばに結末を
手にいれて失って
躯 こゝろ きっと忘れる

愛を知った 曖昧なんだ 逢い違って 相果てちゃうの
IOエラー 哀憐ばっか 愛情なんて 哀情なんです
(哀韻踏んで 哀願しては 哀咽する 哀婉な様)

刻む無情 涙声 微熱冷めぬばかりだ
いつか失くなってくなら 全部消して

瞼を伏せて花が咲く くちづけは夢
美しい嘘をつく 君と僕
鮮やかな透明で流れ込む雨
受け止めて 受け止めて
瞼を閉じて花開く くらやみで夢
何処までも何処へでも 一晩中
さよならは胸の奥 やまないで雨
ぎわめきもあざむきも隠して 隠して


ミニ情報
アルバム「インク」収録曲
Plastic Treeの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
くちづけ/Plastic Treeの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ