Ψ - 女王蜂の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

女王蜂
公式サイト
Ψ  ♪  女王蜂
作詞 : 薔薇園アヴ様
作曲 : 薔薇園アヴ様

デイジーで編んだ冠を被って
道端に花を並べ香りを撒いても
当然ね 根のない美しさ可愛らしさは
酷く踏みにじられて 行く

まるで火のように踊りを踊ったあたしに
少しだけ息継ぎの余裕を
恵みの雨を降らすことは出来そうにないけれど
あなたの気を紛らわす位なら

喉元にある槍の矛先

祈りを捧げて ライク ア「    」

甲冑の間から覗く目の中にも
憎悪を見いだす術が身に付いているの
指折り数えた傷で作った異形のドレスに
何一つ秩序の無い指で触れないで

生きている花
朽ちている茎
在るだけ並べ踊り明かそう

祈りを捧げて ライク ア「    」

幾らでもあげるから
振りかざす松明を
どうか吹き消して頂戴
油を塗りたくって
燃やすのはいつだって
同じ痛みばかりで
爛れて血を流す
あなたもあの子もあたしも

祈りを捧げて ライク ア「    」


ミニ情報
アルバム「蛇姫様」収録曲
女王蜂の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Ψ/女王蜂の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ