月の裏側 - 清浦夏実の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

月の裏側-清浦夏実
Jword 清浦夏実
公式サイト
月の裏側  ♪  清浦夏実
作詞 : 清浦夏実
作曲 : 曽我淳一

月が静けさの中浮かんでいる
だんだん暗闇が空に流れていく

ただ君が優しく笑うと
何故か悲しい気持ちになっていく

手ですくい上げた星の砂たち
すっと指の隙間から逃げていく

もっと話せば良かった あぁ
悔やんでいてもきっと何も変わらない
分かっているよ

嘘でいい夢でもいい
振り向いてくれたなら
なにもかもどうでもいいと本気で思っていた
まぶしくて冷たい月の裏側には
君との思い出そっと隠すよ

どんどん君は足早に進んでいく
街はいつでもふたり遠ざけた

じっと押し殺していたの
好きだったから
誰よりも傍にいてほしい
もっと素直になれたら変わったの

話すように笑うように
何度も触りたい
君の手がいつも隣にいてほしいから
近すぎて見えない月の裏側には
果てない気持ちが今も残るよ

涙を流せば君を忘れるのかな
頑なこんな気持ちも変わっていくかな
いつの日か自分をちゃんと許せるようになりたい
そのときはきっと
君を想うよ


清浦夏実の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ホログラム
十九色
旅の途中
アノネデモネ
銀色の悲しみ
パレット
風さがし
七色
Midnight Love Call
すぐそこにみえるもの
月の裏側/清浦夏実の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ