白無垢 Jeepta 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Jeepta
公式サイト
白無垢  ♪  Jeepta
作詞 : 石井卓
作曲 : 石井卓

23時の始発列車 曲がりくねった道の先の方
絵に描いた様な真っ白がこんなとこにまだ残っていた

覗き込めばそこは 夢と現実の狭間で
思い返せばまた ほろりほろり涙流れる

きらびやかな世界の裏に闇が渦巻く事
見て見ぬ振りがこんなにも横行する世の中の事

瞳閉じてもなお どろりどろり残る悲しみ
知らずにいれるのなら いっそ黒く染めてしまおう

あなたは今でもひとり泣いているの
無邪気な心を持っているがために
けがれなき無垢な涙はいつの日か
誰かの心を潤し癒すだろう
これからは決してひとりにしないから
あなたはそのまま白い心でいて


ミニ情報
アルバム「リードオフマン」収録曲
Jeeptaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Jeepta「白無垢」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ