十六夜 城南海 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

城南海
公式サイト
十六夜  ♪  城南海
作詞 : Mari-Joe
作曲 : 浅野実希

見上げる星の海 寄り添う ような女波(みなみ)
夢の 始まる場所 霧の光 注ぐ夜

君と紡ぐ 時間(とき)の糸ならば
優しい恋 結ぶのでしょうか
榕樹(ガジュマル)に抱かれて
静けさが一片(ひとひら)
君が触れる ぬくもり 瞳閉じて

巡りくる 銀の波の中で
ふたり ゆらり 揺られながら
嗚呼 果てなく 君を愛しく 思う
十六夜(いざよい)、月の下で。

馳せる 想い遥か 重なり 合う言ノ葉
胸に 宿る静寂(しずか) ココロ莟(つぼみ) 開かせる

砂に続く ふたつ足跡は
古(いにしえ)から 伝う軌跡のよう
口唇にこぼれる やわらかな恋唄
今も傍で微笑む 大事な人

ただ君の 名前を呼ぶだけで
じんわり 泪が解(ほど)けゆく
嗚呼 信じる強さ教えて くれる
十六夜(いざよい)、恋の雫。

密やかな凪(なぎ)のように ふたりの中に育む
その気持ちの ひとつひとつが宝物

巡りくる 銀の波の中で
ふたり ゆらり 揺られながら
嗚呼 果てなく 君を愛しく 思う
十六夜(いざよい)、月の下で。


ミニ情報
舞台「秘祭」主題歌
城南海の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
城南海「十六夜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ