Blue Flamingo SHAKALABBITS 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Blue Flamingo  ♪  SHAKALABBITS
作詞 : UKI
作曲 : MAH

WRIGLEY'Sのフルーツガムを噛みながら
飛び抜けて自由すぎる寝癖を撫でた
どうにもならない とっておきの恋と同じ
なぐさめのヘッドフォン

フラミンゴの看板トレードマークのレストランで
くたびれたモップ使いは走り回る

何気ない物語をジグザグに滑らせて
膨らむエソラゴト 気のままに磨くよ
日陰のテーブル 青い花飾ろう

いつの日もたまに瑕くらいがちょうどいい
物知りなシェフの笑い方みたいなもの
くよくよしても とっておきのスープを飲めば
ふっきれるんだ

さり気ないこの魔法で涙が溢れてた
いつか同じ言葉で笑わせてみせるよ

頭の中に突き刺さるシオリは
どれも愛しくて引き抜けない
背中押されて駆け巡る

何気ない物語をジグザグに滑らせて
散りばめた願いごと 気のままに磨くわ
月夜のバス ポッケに刺した花と帰ろう


ミニ情報
アルバム「Condenser Baby」収録曲
SHAKALABBITSの新着歌詞を見る⇒
SHAKALABBITSの人気歌詞を見る⇒
SHAKALABBITS「Blue Flamingo」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ