迷宮の終わりに - NOVELSの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

迷宮の終わりに-NOVELS
Jword NOVELS
公式サイト

迷宮の終わりに

 ♪ 

NOVELS

作詞 : Mao Takeuchi
作曲 : Mao Takeuchi

何かを護れる優しさに憧れ
真似してみようとしたけれど
護るべきものが見つからない

周りを遮る強さに憧れ
真似してみようとしたけれど
孤独は胸を切り裂いた

どれもこれも試したけどだめだった
ならもうとりあえず外見だけでもいいか
傷を隠して表面だけ偽った
浅い思いは真実を空っぽにした

取り残された朝とか消えたくなる夜には
君の事を思い出していた
僕はきっと君になりたかった

凍えた記憶が支えてくれるよ
無傷でいれるほど強くはない心を
少し不思議だろう

取り残された朝とか消えたくなる夜には
君の事を思い出すけど
君もきっと君になりたかった

「無力さを紛らわすため誰かを貶す」
「負けんのが怖いから勝負はしたくない」って
汚れて聞こえるかい?それでも明日を
夢見ちゃだめだなんて誰が決めた?

取り残された朝とか消えたくなる夜には
君の事を思い出す度
僕はきっと僕になろうとする


NOVELSの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
アースダイバー
帆船の透明度
遊星オペラサーカス
umbrella
双生児
Wiz -Album ver.-
心細胞学
Mouth of providence
コーカス・レース
星と君とマーブル模様のこと
迷宮の終わりに/NOVELSの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ