ハッチ nano.RIPE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

nano.RIPE
公式サイト
ハッチ  ♪  nano.RIPE
作詞 : きみコ
作曲 : 佐々木淳

こんな風だったっけ どんな風だったかな
あたしがずっとなりたかったのは

ゆらゆらと揺れる隙間だらけ 見ないふりが出来たなら
泣いたり笑ったりするといつも顔を出すパラノイド

見つけたと思ったらまた少し遠くへ
わずかの差でも埋まらない距離が
強くなるというのはどんなことだろうかと
考えるあたしを笑うようだ

狭い世界で夢見ていた 囲まれた壁にもたれ
大きな声で泣いて笑った あの子に出会うまでは

素直になれれば良かったことが星の数ほどあれば
渇いたココロは雨に打たれ溢れ出すパラノイド

いらないと思ってた馴れ合いはいつしか
カタチを変えて隙間を埋めていた
強くなるというのはこんなことだろうかと
なんとなく見つけた気がした

狭い世界で見てた夢は囲まれた壁を越えて
大きな声で泣いて笑った あの子のように

絡まった糸が解けてココロは雲より軽く
見つけた光を辿ってどこまで行けるだろう

素直に泣いて笑っていられたら
もっとずっと


ミニ情報
アルバム「湯乃鷺リレイションズ」収録曲
アルバム「星の夜の脈の音の」収録曲
nano.RIPEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
nano.RIPE「ハッチ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ