ひとつの恋が終るとき - 松任谷由実の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

松任谷由実
公式サイト
ひとつの恋が終るとき  ♪  松任谷由実
作詞 : Yumi Matsutoya
作曲 : Yumi Matsutoya

前も見えない雨が それぞれの道 照らしてた
駅へ送ってゆくよ 最終電車 去ってしまう前に

ハンドルの向こうに続く
きみのいない人生へと急ぐよ このまま

きみは傘の雫と みじかいため息 ふっと残し
ふりかえりもしないで すぐ階段に 消えてゆくのだろう

トレンチの背中を伸ばし
ちがう人に見えたならば
涙に にじんで ぼやけて流れるけれど

強くなる もっと強くなれば 忘れずにいられる
つらくても きっとあとになれば やるせなく思える

駅へ送ってゆくよ ひとつの恋に終りを告げるよ
ミラー越しに

前も見えない雨が 別々の明日 包んでた
鍵ならかえさないで 二人のドアは もう開かないから

信号が変わるたび めくる
なつかしい風景 まるで
ポスター みたいに 破ってしまいたいけれど

強くなる もっと強くなれば 失くさずにいられる
つらくても きっとあとになれば 美しく思える

駅へ送ってゆくよ ひとつの恋に終りを告げるよ
ミラー越しに


ミニ情報
アルバム「Road Show」収録曲
松任谷由実の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ひとつの恋が終るとき/松任谷由実の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ