最後のプレゼント 遊吟 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

遊吟
公式サイト
最後のプレゼント  ♪  遊吟
作詞 : 卓
作曲 : 卓

息が止まりそれはわずか三秒波を打った
胸の鼓動今も続く君にばれないでおくれ
街の音も風も全て今は聞こえないや
ポンコツの僕のハートの拍子は今日は最高潮みたいだ

人ごみ掻き分けスクランブル今日はここでお別れ
明日また会えるのに寂しいなポツリとつぶやいた

神様がくれた今年最後のプレゼント
走り出した君は振り返り笑って
マンガの世界のまるでヒロインみたいだって
また笑ってみせて僕の手を握って目を閉じた

僕のダメなとこも全て君に分かりだした
何十にも重ねた仮面もう使えないみたい
それでもそばにいるのはなぜか思い出した
どんなあなたでも受け止めるとまじめな顔して言ってた

季節は変わってゆくのでしょう黙っていようとも
二人も変わってゆくのかな?ポツリとつぶやいた

神様がくれた今年最後のプレゼント
ちょっと恥ずかしがり屋で優しい僕の天使
マンガの世界のように上手くいかないけど
不器用なりにやってみるからここにいてくれないか

瞬きすぎる時間を止めることは出来ないかい?
永遠かは分からないけど僕らはここにいる

神様がくれた今年最後のプレゼント
走り出した君は振り返り笑って
マンガの世界のまるでヒロインみたいだって
また笑ってみせて僕の手を握って目を閉じた

不器用なりにやってみるからここにいてくれないか


ミニ情報
アルバム「ハリねずみ」収録曲
遊吟の新着歌詞を見る⇒
遊吟の人気歌詞を見る⇒
遊吟「最後のプレゼント」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ