snow ring 佐咲紗花 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

佐咲紗花
公式サイト
snow ring  ♪  佐咲紗花
作詞 : 佐咲紗花
作曲 : 俊龍

吐息が白く風めく 一人歩く帰り道
初めて君を見たのは 雪が舞う夜だった

君なしじゃどこへも進めなくて
ひとりきり迷うだけの私を
君が見ていたら笑うのかな…
遥か空の上で

雪の音(ね)
ひとつひとつが淡いオト立て 漆黒の闇に消えた
You kissed my neck
君のシルシが花弁のように まだここに残っているのに
泣かないよ、ねぇ
聴こえないのは君の声だけ それならばいっそこのまま
星のレース
ひらり纏って 君の元へと
今すぐに 飛んでいけたなら

せめて消えない誓いに代えて
儚い願いを雪に託すよ
snow ring

彩めくillumination 二人で見た帰り道
最後にキスをしたのも 雪が舞う夜だった

想い出はいつも甘く色濃く
時に残酷なほど爪を立てて
逸らしても君は戻らない
遥か星になって

時の音(ね)
一秒ごとに追いかけてくる 現実と悲愴の波
I'm in a maze
忘れることも留まることも 選べずに立ち止まったまま
泣かないよ、ねぇ
積り続ける痛みもすべて この胸に受け止めたなら
月のメイク
はらり零れた 雫隠して
もう二度と 振り向かぬように

せめて笑顔を見てて欲しくて
儚い願いを雪に託すよ
snow ring

雪の音(ね)
ひとつひとつが淡いオト立て 漆黒の闇に消えた
You kissed my neck
君のシルシが花弁のように まだここに残っているけど
泣かないよ、ねぇ
いつも隣に居てくれたこと この先も忘れないから
次のステージ
生きていかなきゃ 強くならなきゃ
いつの日か君に逢う日まで

色は匂わず 雪解けを待つ
儚い誓いを 空に届けて
snow ring


ミニ情報
アルバム「sympathetic world」収録曲
佐咲紗花の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
佐咲紗花「snow ring」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ