愛の詩 C&K 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

愛の詩  ♪  C&K
作詞 : CLIEVY・KEEN
作曲 : CLIEVY・KEEN

僕には僕なりの君には君なりの
生き方で今(ここ)まで歩いてきた
ここで2人出会って
今またここに立って
海に浮かぶ夕日を背にして
溢れ出す思いのまま
君に向けたメッセージ僕は詠うよ

嗚呼 君は頭(ここ)にいて
この胸を強く締め付けてくるよ
嗚呼 今届け愛の詩
二人重なった影が夕陽に溶けるよ

春には川辺の桜並木歩き
夏にはおそろい浴衣で花火
秋には2人で街中食べ歩き
冬の寒さ2人で暖める
巡り来る季節の中
鏡になってお互いを映してゆく

嗚呼 俺はわがままで
喧嘩の後は君を泣かせてしまうよ
でも 君は今もそばに居て
その笑顔で愛の詩を囁くよ

会話さえも忘れて
防波堤からのびる道灯台を見る
海がオレンジにそまって
君の手をとって誓うよはなさないと

嗚呼 君は心(ここ)にいて
その笑顔で愛の詩を囁くよ
嗚呼 俺は幸せで
命の限り愛の詩を捧げるよ


ミニ情報
アルバム「It's CK」収録曲
C&Kの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
C&K「愛の詩」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ