夢の中だけでも - キマグレンの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

夢の中だけでも-キマグレン
夢の中だけでも  ♪  キマグレン
作詞 : KUREI
作曲 : ISEKI

夜明けの雲の隙間から
零れる光が差し込んだ
目が覚める時刻が近づいている
朝は変わらず僕に訪れて
その度君を連れ去るの
眠る時にまた会えるの?
それを糧に今日も一日過ごすよ

マブタを閉じて
眠りに落ちた
いつから笑顔の君がいなくなったの

せめて夢の中だけでも
あの日の僕と君のままで
今夜はやさしい嘘をついて
朝また目が覚めるまで抱きしめてよ

日射しのしぶきの下(もと)で生きる僕
眩しいのになんで暗いの?
足元のアスファルトばかりを見ていたせいかもな
色褪せない夜の波に生きる君
別々の道を行く僕ら
また何処かで会えたらいいのにな

マブタを閉じて
思い浮かべた
いつでも笑顔の君がそこにいるの

せめて夢の中だけでも
あの日の僕と君のままで
今夜はやさしい嘘をついて
朝また目が覚めるまで抱きしめてよ

蜃気楼の中 さまよう僕
君がそこにいるような
手を伸ばしたら 届きそうな気がしてさ

もしも願いが叶うなら
無情に進む時を止めて
言葉になんかしなくていい
ただ身を寄せて
まだ行かないで

せめて夢の中だけでも
あの日の僕と君のままで
今夜はやさしい嘘をついて
いつの日かまた会えたら抱きしめるよ


ミニ情報
アルバム「ALIVE」収録曲
キマグレンの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
DEAR
まるで海だね
最後の夏
きっと
ファイト!
YEAH! YEAH! YEAH! 100万人でつくろう元気のうた
トコシエ2012
笑顔の花
I BELIEVE
PRIDE
夢の中だけでも/キマグレンの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ