最後の夏 - キマグレンの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

最後の夏  ♪  キマグレン
作詞 : KUREI
作曲 : ISEKI

最後の夏
すぐそこまで来てる
憧れた夏
全力でかけてゆく
夢は放物線を描いて空の向こうへ
飛んでゆく

空から夏が降ってきた
頭から冷たい水かけた
熱い季節が始まった
乾いた風に乗せて
僕に会いに来た

汚れたTシャツと汗
擦り切れた靴と焼けた肌
ビーサンに履き替えてから
ビーチまで走ったなら

これが僕らのラストチャンス
これが終われば離れ離れ
これは筋書きのないドラマ
僕らだけの忘れられない物語の始まり

最後の夏
すぐそこまで来てる
Last summer days gone
憧れた夏
全力でかけてゆく
Last summer days gone
夢は放物線を描いて空の向こうへ
飛んでゆく

錆び付いたペダル漕いだなら
目指す青い海
いるはずない君
蜃気楼浮かぶ日々
戻れないと知り

渚から歌が消えた時
心に鳴り響くメロディーが
繰り返すメモリーや
夏の日の叫びは
今も生きているから

追いかけた言葉に
嘘はないと信じたい
いつか帰れるその日まで
少しのお別れだね
サヨナラだね

これが僕らのラストチャンス
これが終われば離れ離れ
これは筋書きのないドラマ
僕らだけの忘れられない物語の始まり

最後の夏
すぐそこまで来てる
Last summer days gone
憧れた夏
全力でかけてゆく
Last summer days gone

最後の夏
迫るその時まで
Last summer days gone
黄昏の夏
無情にも過ぎてゆく
Last summer days gone
夢を掌に眩い光集めて
飛んでゆけ


キマグレンの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
最後の夏/キマグレンの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ