思ひ出 かりゆし58 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

かりゆし58
公式サイト
思ひ出  ♪  かりゆし58
作詞 : 前川真悟
作曲 : 前川真悟

薄暗い教室でアナタとふたり 言葉探せないまま夕日に染まる
それぞれ別々の道を行くから もう会えなくなること本当は知っていた

アナタの声 少しかすれる 僕は耳をふさぐ
校庭に散るサクラの花が静かに泣いた

夜空飾る花火がアナタを照らす 幼さ残る横顔 眩しかった
祭が終わった後の夏の短さを あの頃のふたりはまだ知らなかった

おぼろ月夜に馳せた恋は 行く宛もないまま
微熱を帯びて ただ寄り添って やがて朝が来た

アナタの目を見ることも出来ないままで
僕はうつ向いていた 長く伸びた影法師

最後の言葉は風の中 遠い記憶の中
校庭に散るサクラの花が静かに泣いた


かりゆし58の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
かりゆし58「思ひ出」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ