冬薔薇(ふゆそうび) - さだまさしの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

さだまさし
公式サイト
冬薔薇(ふゆそうび)  ♪  さだまさし
作詞 : さだまさし
作曲 : さだまさし

カフェラテ越しに不意の別れ告げる君の向こうで
ベビーピンクの真冬の薔薇 風もなくゆらり揺れた
読みかけの物語に残された数ページ
手に汗握るまさかの展開には声もない
ミステリーなら最後のどんでん返しが
待ち構えてるんだけど

読み落としてた大切な君の心の傷を
もう一度君の美しい笑顔を温めるために
私を助けてという君の声が聞こえる
僕の細胞は全て君で出来てたと気づいた
口先だけの言葉じゃない こころで守ってゆくから

まだ僕にロスタイムが残されているのなら
どんでん返しの瞬間に運命を賭けるつもり

カフェラテ越しに不意の別れ告げる君の向こうで
ベビーピンクの真冬の薔薇 風もなくゆらりゆらり
ゆらりゆらり揺れた


ミニ情報
アルバム「予感」収録曲
さだまさしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
冬薔薇(ふゆそうび)/さだまさしの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ