風のみえる部屋 財津和夫 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

財津和夫
公式サイト
風のみえる部屋  ♪  財津和夫
作詞 : 財津和夫
作曲 : 財津和夫

この窓に 腰かけて
いつだって 眺めてた
笑顔の君を ボクらのことを

でも もう何も 見えない窓
ほんの少しでも 君を知りたくて
みつめていたよ いつまでもずっと

橋の上 音をたて
君をのせ 動く電車
昨日へと 向かって走る

消えた後を ずっと見ていた
線路だけの 青空だった
君は知らない ボクの窓を

永遠は 遠すぎた
ふたりには この道は
だからもう何も 見えない窓

たとえ小さくても 温めていれば
ただ水のように 生きてゆければ
それはつかめるはず 伝えたい君に
幸せのこと

君は知らない ボクの窓を
君は知らない ボクの窓を


ミニ情報
アルバム「ふたりが眺めた窓の向こう」収録曲
財津和夫の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
財津和夫「風のみえる部屋」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ