オレンジテトラポット - 藍坊主の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

オレンジテトラポット-藍坊主
Jword 藍坊主
公式サイト
オレンジテトラポット  ♪  藍坊主
作詞 : 佐々木健太
作曲 : 藤森真一

僕らはどこにいるんだろう、
あなたはどこにいるんだろう、
あなたをあなたにしてるもの、
それは一体なんだろう。

チョコレートを見てる両目や、
温もりを伝える両手や、
潮風を感じる鼻先、
日の光に透ける髪の毛、

きれいに磨かれた爪先、
愛しさに波打つ心臓、
不思議を考えている脳、
そのすべてを作る細胞。

それは一瞬で壊れては、
増えてすぐに入れ替わってく、
君がただの物質ならば、
とっくに君はここにはいない。

その笑顔、
その涙、
どこからくるのだろう?

いつだって何度も何度も確かめたいよ、
形無きあなたの存在を。
橙色に染まってゆくウロコ雲に震えてる、
宝石のような心を。
いつだって何度も何度も確かめあおう、
僕らが生きてる奇跡を。
あなたの姿を越えたとこに、
あなたがいるということを。

宇宙は広大無辺です。
さっぱりとよくわかりません。
それとおんなじくらいに、
心の端もよくわからない。

真っ暗なようで輝いて、
触れてるようで離れている。
だから僕らは細胞を越え、
触れ合えるのかもしれません。

あの橙橙色、空の橙橙色、
忘れないで。
あの橙橙色、海のダイダイダイダイ色、
忘れないよ。

いつだって何度も何度も確かめたいよ、
日が暮れてく感触を。
橙色に染まってゆくウロコ雲に震えてる、
宝石のような心を。
いつだって何度も何度も確かめあおう、
見えなくなってしまう前に。
寄せては返す波の色に僕らは、
形だけを見てるわけじゃないだろ。

いつだって何度も何度も確かめ合おう、
ただ抱き合う温もりを。
橙色に染まってゆく、体を伝い滲んでゆく、
消えそうになる感触を。
そうやって何度も何度も確かめたいよ、
僕らが生きていたことを。
橙色が眩しいね、
それはなぜ?
僕らが生きているからさ。

泣いて、笑って、愛して、
抱いて、生きて、あなたを。

泣いて、笑って、愛して、
抱いて、越えて、細胞を。


ミニ情報
アルバム「ミズカネ」収録曲
藍坊主の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
降車ボタンを押さなかったら
マタウ
バタフライ
ネガティブフィードバック
春の覚書
賢者の忘れ物
ラブミーテンダー
あなたと空と星と夜明け
向日葵
エチカ
オレンジテトラポット/藍坊主の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ