踏切 なぎら健壱 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

なぎら健壱
公式サイト
踏切  ♪  なぎら健壱
作詞 : なぎら健壱
作曲 : なぎら健壱

あかねの夕陽が 射す頃に
ポツリと電車の 中に居る
微笑み忘れた 人たちは
携帯電話に 笑顔を送る
寂しささとられ ないように
暮れゆく景色に 眼をやって

どこまでも 行けると 信じてる
どこまでも どこまでも

過ぎゆく踏切 眼にとめて
たたずむ自分を そこに見る
あいつも俺らと 同じように
にじんだ夕陽を 眺めていたが
電車はホームに 滑り込み
流れにのまれて 歩き出す

どこまでも 行けると 信じてる
どこまでも どこまでも

賑わう町から 逃げて行く
路地から路地まで 逃げて行く
いつしか俺らは 踏切の
「待てよ」の灯りを 仰いで止まる
自分の姿を 捜してる
そこには影さえ もういない

どこまでも 行けると 信じてる
どこまでも どこまでも

いつまでたっても 踏切は
「待てよ」のまんまで 皮肉に笑う
いつしか俺らは しゃがみ込み
電車の自分を 捜してる

いつしか俺らの 眼の中に
電車の自分が 見えている


ミニ情報
「ぶらり途中下車の旅」エンディングテーマ
なぎら健壱の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
なぎら健壱「踏切」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ