われは海の子 - レインブックの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

われは海の子  ♪  レインブック
作詞 : 不詳
作曲 : 不詳

我(われ)は海の子白波(しらなみ)の
さわぐいそべの松原に
煙たなびくとまやこそ
我がなつかしき住家(すみか)なれ

生まれてしおに浴(ゆあみ)して
浪(なみ)を子守の歌と聞き
千里寄せくる海の気を
吸いてわらべとなりにけり

高く鼻つくいその香(か)に
不断(ふだん)の花のかおりあり
なぎさの松に吹く風を
いみじき楽(がく)と我は聞く

丈余(じょうよ)のろかい操(あやつ)りて
行手(ゆくて)定めぬ浪まくら
百尋千尋(ももひろちひろ)海の底
遊びなれたる庭広し

幾年(いくとせ)ここにきたえたる
鉄より堅きかいなあり
吹く塩風に黒みたる
はだは赤銅(しゃくどう)さながらに

浪にただよう氷山も
来(きた)らば来れ恐れんや
海まき上ぐるたつまきも
起(おこ)らば起れ驚かじ

いで大船(おおぶね)を乗出して
我は拾わん海の富
いで軍艦に乗組みて
我は護(まも)らん海の国


ミニ情報
アルバム「童謡の風景〜みんなで歌おう」収録曲
レインブックの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
われは海の子/レインブックの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ