花火 - 唄人羽の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

花火

 ♪ 

唄人羽

作詞 : 安岡信一
作曲 : 安岡信一

アジサイの季節が静かに終わり
お日さまがキラキラ海に咲いてる
蝉の鳴き声が少年たちの汗に変わり
はじめて覚えた唄になる

夕暮れの風は少し優しくて
忘れかけてた思い出に 手を伸ばし始める

真夏の花火はあの日の僕を連れて
確かなものがなかった時代へ走ってく

たいせつな場所を忘れないように
目印をつけた石はどこだろう
汚れたTシャツ着たともだちのあの笑顔に
失くした心がよみがえる

子供の頃見た花火は大きくて
全ての心をやさしく抱きしめてくれた

あの花火は瞬きひとつで消えて
心の中にいつまでも残る
今 僕の中で想い出と花火が一緒に映ってく

真夏の花火はあの日の僕を連れて
確かなものがなかった時代へ
真夏の花火はあの日の僕を連れて
確かなものがなかった時代へ 走ってく 走ってく


ミニ情報
「TVおじゃマンボウ」エンディングテーマ
唄人羽の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
sign
リライ
花火/唄人羽の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ