前略、道の上より - 一世風靡セピアの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

前略、道の上より

 ♪ 

一世風靡セピア

作詞 : セピア
作曲 : GO TO

素意(そい)や 素意(そい)や〜

咲きほこる花は散るからこそに美しい 散った花片(はなびら)は 後は土へと還(かえ)るだけ
それならば一層(いっそ)斜めを見ずに おてんとうさんを 仰(あお)いでみようか

海を潜(もぐ)るには 息を止めなきゃ潜れない 息を止めるのが いやなら海には入れない
海には海の世界があるし そうして再び 潜らずにいられない

山を又登る 登り疲れてふと休む 辺(あた)りの景色が 心支(こころささ)えと又登る
微(かす)かに山の匂(にお)いを嗅(か)いだ それだけで 人は優(やさ)しくなれる

波が続く様に 時の刻みも又続く 風も吹き止(や)まぬ 時の刻みも打(う)ち止(や)まぬ
やれこれと返す事のべの中で 何が生きていく 証(あかし)なんだろか


一世風靡セピアの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
セピアカラー
賽を振れ!
セピア狂想曲 〜暗褐色ラプソディー〜
風の唄
落日間際の秋
花鳥風月
戦いの唄
善い酔い嘉い
我が愛しき犯罪者たち
神の摂理を知らされたまふ
前略、道の上より/一世風靡セピアの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ