トット LUNKHEAD 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

トット  ♪  LUNKHEAD
作詞 : 小高芳太朗
作曲 : 小高芳太朗

人混みで溢れた街の隅っこで
あばらの浮いた猫はもう動かない

これはその猫が最後に思った事

どこかでこぼれおちただれかのおやすみが
そのあさおはようまでどうかつづきますように…

小さな少女が猫を見つけた時
猫のその体はまだ温かかった

これはその猫が最後に見ていた夢

どこかではじまっただれかのおはようが
そのひのおやすみまでどうかつづきますように

どこかでうまれおちたまだちいさなそのゆめが
いつしかそのみらいをどうかてらしますように…


ミニ情報
アルバム「AT0M」収録曲
LUNKHEADの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
LUNKHEAD「トット」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ