流星愛歌 - Kraの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Kra
公式サイト
流星愛歌  ♪  Kra
作詞 : 景夕
作曲 : 結良

星の夜はそう宇宙 まるでこの地球(ほし)にひとりぼっち
あなたは見渡す限りどこか遠い惑星(とこ)にいるの

寂しい気持ち抱えたままずっとメール待つ一人の夜が怖い

離れているほどたまに聞ける声が近くて暖かくて嬉しい
銀河の果てのような距離も一瞬で結ぶあなたの声が今欲しい

永い孤独は宇宙 なんて素敵な星なんだろう
あなたは遠くにいても特別に輝いているの

そんなあなたの帰りを待つ永い月日を何で繋ぎ止めてればいい?

離れているほどたまに聞ける声が近くて暖かくて嬉しい
銀河の果てのような距離も一瞬で結ぶあなたの声が今欲しい

流星にのってどこへでも行く 寂しさを埋めるあなたがいる場所へ

離れているほどその距離が長いほど 結び続けてる二人の愛は
今たしかに思う 本物の愛だと どんな星でも越えてく
あなたがいるその場所へ 流星にのってどこまでも


Kraの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
流星愛歌/Kraの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ