ジョギング 河島翔馬 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ジョギング  ♪  河島翔馬
作詞 : 河島英五
作曲 : 河島翔馬・河島あみる

若い頃のように 速く走れないけど
久しぶりに流れ落ちる 汗が心地いい
生きる速さなんて 誰にも決められやしないのに
あくせく生きて 見えない誰かと競い合っていたね

見栄やプライドの厚い服を着て
哀しい目をして生きていたね 気が付けば

夕日に染まるグラウンド 息を切らせ走った日々
いつも何かを追いかけて たどり着けず傷付いたね

夜の風が僕を通り過ぎてゆく
少しずつ生きる力がこみ上げてくる
心地よいリズムに身を任せれば
昨日よりも星空がきれいに見えた
誰かの為じゃなく ただ自分らしく
生きてゆけたら 素直な自分が見えてくる

うすい雲が流れて 三日月が舟のよう
君の事考えて 優しさに満たされる

夕日に染まるグラウンド 息を切らせ走った日々
いつも何かを追いかけて たどり着けず傷付いたね


ミニ情報
「走る男」テーマ曲
河島翔馬の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
河島翔馬「ジョギング」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ