娘より Uru 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

娘より  ♪  Uru
作詞 : Uru
作曲 : 宇佐美宏

手をつないで 帰っていく
家族の後ろ姿に
想いを馳せる 窓越しに一人

顔見る度 責めたりもした
優しくされるのも嫌だった
トゲだらけの咲かない花

だけど何も言い返さず
帰ってくればいつでもそこに
変わらない居場所を作ってくれていたよね

目を向けられれば見ないでと言い
放って置かれれば見てよと言った
裏返しでも 愛してくれた
今も色褪せない 記憶

本当はずっと 寂しかった
静かな夜に初めて見た
仕事帰りの 小さな背中

わざと離れて歩いてた
綺麗な服を着て欲しかった
あなたの想い 一つもわからないまま

周りの人と比べられぬよう
悲しい思いをさせてしまわぬよう
自分のことは 後に回して
全てを注いでくれた

どんなに遠く離れたとしても
共に過ごした日々がここにあるから
大丈夫だよ 繋がっていける
どこにいてもずっと そばで

もっと一緒にいて欲しいと
裸足で追いかけて泣いた時も
涙を流して 「本当にごめんね」と
強く抱きしめた

大切な何かを守るために
伝え続けてくれていたのなら
やっと届いたよ ちゃんと届いたよ
少し遅くてごめんね

どんなに遠く離れたとしても
愛された記憶がここにあるから
寂しくないよ 繋がっていける
どこにいてもずっと そばで


ミニ情報
ドラマ「しあわせの記憶」主題歌
Uruの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Uru「娘より」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ