流星夜 - 森山良子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

森山良子
公式サイト
流星夜  ♪  森山良子
作詞 : 松井五郎
作曲 : 森山良子

そこが何処か 知らないのに
星はなぜに 懐かしいの
握りしめてくれた手から
伝うものが わかりますか

夜空の果て 線を引いて
時を結ぶ 川を渡る
誰が決めたことでしょうか
ふたりはそう めぐり逢えた

流れるまま 流れるまま
はじめて見る 同じ明日へ
さぁ 行きましょう

寂しささえ 愛しいほど
あなたはなぜ あたたかいの
あなたはなぜ あたたかいの

幸せだけ 問いかけても
心はただ 口をつぐむ
時につらく 苦しむこと
たぶんそれで 愛なのです

流れるまま 流れるまま
語る夢を ひとつに繋いで
さぁ どこまでも

この空から 見下ろす街
ふたりはいま どんな光
ひとりぼっちで 生まれたのは
あなたに逢うためなのでしょう
あなたに逢うためなのでしょう


ミニ情報
アルバム「Living」収録曲
森山良子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
流星夜/森山良子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ