キャベツ畑のサンマ 森山愛子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

森山愛子
公式サイト
キャベツ畑のサンマ  ♪  森山愛子
作詞 : 高田ひろお
作曲 : 奥田民生

いつのまにか 北極や南極の氷が解けはじめ
いつのまにか 陸(おか)のうえは洪水になっていた
そしてぼくらサンマも 流れ流され
キャベツ畑に 流された

キャベツ畑は ミミズがいるから餌には困らない
天敵といえば あの地下にいるモグラだけ
山のタヌキやキツネ リスにクマさんは
ぼくらのことを 知らん顔

ぼくらは海から きたばかり
落ち葉の葉っぱを 背につけて
トビウオみたいに 飛んでゆく

いつのまにか ぼくらはキャベツ畑に慣れ始め
いつのまにか てんとう虫と仲良くなったり
たまには尺取り虫の ごきげんうかがい
海のことなど 忘れてた

ある日ぼくらは モグラとささいなことから戦争さ
ぼくらの武器は モグラ叩きの小槌だけ
そしてモグラは 炭と七輪 金網で
ぼくらを捕まえ 焼くつもり

ぼくらはサンマだ なめるなよ
ぼくらは忍者に 早変わり
モグラを煙に まきました

戦いつかれた ぼくたちは
サンゴが歌う 子守唄
海で聴きたく なりました


ミニ情報
「ファイテンション☆テレビ」キャラクターソング
森山愛子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
森山愛子「キャベツ畑のサンマ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ