つよがり少女 - Base Ball Bearの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Base Ball Bear
公式サイト
つよがり少女  ♪  Base Ball Bear
作詞 : 小出祐介
作曲 : 小出祐介

死神と生きていくことに何の不安も感じないんだって。
むしろ乗りこなしそうな自分が怖いんだって。
欠伸(あくび)して言っていた。

23時、都会のビル街から一歩踏み外した所で
街頭にコウモリふわふわ飛んでいる。
君は眼が震動してる。

俺は気付いていた心の柔らかさ隠してるって。
スカートはかないところにも表れているんだろう。

「重い想いを持ち歩いていることに気付かれてしまったら、オシマイなんだって。
支えてくれる人は一人でいいの。誰かは言わないんだけど・・・。」

赤くなってた、つよがりだね。

俺は君が今日もウソぶいてすごしているのを見て、
あの時を想い出していた。

「重い想いを持ち歩いていることに気付かれてしまったら、オシマイなんだって。
支えてくれる人は一人でいいの。誰かは言わないんだけど・・・。」

赤くなってる、俺がいた。


ミニ情報
アルバム「完全版「バンドBについて」」収録曲
Base Ball Bearの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
つよがり少女/Base Ball Bearの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ